より高いパフォーマンスを目指すなら、レディース用競技インナーがおすすめ

アスリートや部活動、クラブチームなどで競技練習をする際に多く着用されている競技用インナーは、実はとても重要な役割を担っています。

その秘密と女子選手におすすめのレディース競技用インナーをご紹介します。

競技用インナーの必要性

競技の練習をする際に、ユニフォームや水着等の下に着用する競技用インナーは、厳密に言うと着用する必要はありません。

吸汗性や速乾性に優れた素材で作られているTシャツや短パンも多く販売されていますから、競技用インナーを着用しなくても十分に練習することは可能です。

しかし、競技用インナーは怪我を防いだり運動効率をアップさせたりする効果があるので、練習時には着用すると良いでしょう。

競技用インナーの効果

競技用インナーを着用する目的は、その効果にあります。身体にフィットするタイプのものが多く、フィットすることで血行を良くし、筋肉の疲労を軽減してくれます。

また、筋肉の無駄な揺れを抑え体力の消耗を少なくするので運動効率がアップします。さらに速乾性や吸汗性に優れた素材を使っているので、着心地がずっと快適です。

この他にも、激しい動きによる擦り傷などからも守ってくれるので、怪我の心配をせずプレイに集中することができます。より高いパフォーマンスをするために、競技用インナーは欠かすことのできない存在と言えます。

着用時の注意点

競技用インナーには高い機能性が備わっていることから、自分の取り組んでいる競技の大会でも着用したいものです。

しかし、競技によっては大会での競技用インナーの着用が認められていない場合がありますので注意が必要です。

例えば、バスケットボールではタンクトップのユニフォームからはみ出すインナーの着用はNGと規定されていますので、服装に関する競技規定は必ず確認するようにしましょう。

練習時においては、特にインナー着用に関する規定はどの競技にもありませんので、チーム内の方針に従い着用すると良いです。

おすすめのレディースインナー

タンクトップ型のインナー肩が出ているため、可動域が広く、重ね着にも適しています。トレーニングなどを行う際におすすめです。

特にコンプレッションタンクトップと呼ばれるインナーはユニフォームのアンダーに最適で筋肉の無駄な動きを抑え疲労軽減に役立つ機能を備えています。

半袖タイプのインナーは軽い運動から本格的な競技まで幅広く使用できるインナーとして人気です。長袖タイプは保温性に優れているものが冬場に特におすすめします。

また、ショーツも重要です。お腹をサポートしてくれる点と履き心地が快適であるという点に注目して選ぶことをおすすめします。

タイツは冬の寒さを軽減させる目的以外に、筋肉を支え、運動効率を上げてくれるという特性を備えたものが人気です。

おすすめのレディースインナー、水着編

水着の下に着用する競技用インナーとは、レディースの場合、アンダーショーツとバストカップのことです。

水着には本来、内側に1枚生地がついているのでアンダーショーツを履かなくても良いのですが、衛生面や透け防止などに役立つため、着用しましょう。 中でも、外から見て縫い目が分からないという理由で、お尻の部分が無縫製のタイプがおすすめです。

またハイウェストタイプはお腹の冷えを防いでくれるため、長時間水中にいる競泳選手には特におすすめします。

バストカップもアンダーショーツ同様に透け防止などに役立つため着用がおすすめです。カップが小さ目で水着からはみ出さず、フックが付いてずれにくいタイプが人気となっています。

まとめ:競技用インナーは女子アスリートたちの強い味方

競技用インナーは、身体にフィットする形状となっており、筋肉を支え疲労軽減や運動効率アップをもたらしてくれます。大会時にはインナーの着用を認めていない競技もあるので注意が必要です。

レディース用インナーは、コンプレッションタンクトップがユニフォームの下に着てもはみ出さず、その効果を発揮してくれるのでおすすめです。

競泳用の場合は、衛生面や透け防止、お腹の冷えを防ぐという目的からアンダーショーツを履くと良いでしょう。