競技用インナーに求める機能

スポーツをしている方がインナーに求める機能として多いものに、速乾性があげられるでしょう。

夏場などは気温も高く日差しが強く、汗が常に吹き出し続けています。代謝が良い人の場合は、傍から見てもわかるほど服が濡れていることもあるでしょう。

そのような状態で運動をすることは不快に感じてしまう方も多いので、競技用インナーなどに吸汗性と速乾性を求めている方も少なくないです。

そこで、速乾性のあるインナーはどのような素材を用いているのか知っておきましょう。

効果によって異なる素材

速乾性を向上させようとしている競技用インナーに用いられているのは、異形断面糸という汗を分散させる効果がある素材です。汗を吸い取って湿気を外に逃がすので快適性の高いインナーとなります。

また、自在に伸びやすい素材を使ったインナーの場合は通気性が高くなっているので、着用時の爽快感を得られるでしょう。

このようにインナーに用いる素材によって得られる効果も変わってくるので、インナーを選ぶ際には素材にも注目してみましょう。

雨にも強い速乾性インナー

速乾性のインナーが効果を発揮するのは汗だけではありません。

雨に濡れてしまった場合でもすぐに乾きやすく、肌が長時間濡れている状態を作らないのです。そのため体温の低下を防ぐことができ、運動時には必須の競技用インナーとなっています。

また、冬用の長袖インナーの中には汗を吸収して発熱効果を与えるものもあるため、インナーを乾かしつつ身体も一定温度を保てるように工夫されています。これらの機能を得るためにも特別な素材を使っています。

高機能インナーのポイント

速乾性にプラスしてほかにも機能的な効果を得られる競技用インナーの場合、市販されているものでも費用が高額になってきます。

さまざまな効果を生み出すためには特殊素材を用いる必要があり、使用する素材の数も多くなればなるほどインナーの費用も大きくなるのです。

そのため、インナーを特注する場合の注意点として、欲しい効果をすべて盛り込んでもらうことはやめましょう。

最低限必要な効果だけに絞ることで、用いる特殊素材の数も少なくなり、競技用インナー一枚あたりの費用も抑えることができます。

夏に重宝する速乾効果

速乾効果が欲しい時期は夏などの気温が高いときです。

新陳代謝が良い人は夏場の汗の量がとても多く、インナーに限らず着用している服がすぐに濡れてしまいます。

そのような事態を防ぐためにも速乾効果のあるインナーを着ることで、運動中でも快適に取り組むことができるのです。

体に熱を溜め込まないためにも、必須となる効果でしょう。競技用インナーはスポーツショップなどで簡単に購入できます。