ジュニア向けに開発された競技用インナー

競技用インナーというと、大人やプロ選手が練習時に着用するものというイメージがありますが、最近はジュニア選手も着用しているなど幅広い年代で利用されています。

学校の部活動などで着用することはありませんが、地域のクラブチームに通うような子は着用していることが多いです。

学校などと違ってクラブチームでは本格的な練習をしているので、身体をサポートしてくれる競技用インナーの存在が重要になっています。成長期の身体を壊さないためにもインナーについて知っておきましょう。

ジュニアでも本格的な作り

いくらジュニア選手といっても、子どもに変わりはないので本格的な競技用インナーを着用する必要はないと考えている大人もいるでしょう。

しかし、インナーの有無によって身体にかかる負荷は大きく異なってくるのです。インナーというのは肉体にかかる負荷を軽減する効果がありますので、成長期の子どもをしっかりと成長させるためにもインナーは役立つのです。

競技によってはインナーを着用する必要性がありませんが、スポーツをさせているのであれば、子どもの身体の為にもインナーを用意すると良いでしょう。

夏用インナーと冬用インナー

同じ競技用インナーといっても、夏用のインナーと冬用のインナーに求められる機能というのは異なります。

夏用の場合は身体に熱を籠らないようにする必要がある為、通気性を良くして吸汗性を良くすることで体温調節を上手く働かせる効果があります。

しかし、冬用の場合は身体を冷やしすぎてはいけないため、熱を逃がさずに不快に感じる汗だけを蒸発させるなど真逆の機能を持っています。そのためインナーに使用する素材も違いますし、使用する用途も異なるのです。

サイズ選びが大切

ジュニア用のインナーというのは細かくサイズが分けられています。これには理由があり、しっかりと身体にフィットするものを選ばないといけないからです。大人と違って子どもには成長気があり、すぐに身体が大きくなります。

私服などの普段着であればちょっと大きめのサイズを買っておくことで対応できますが、競技用インナーはフィットするものでなければしっかりとした効果を得られないので、身体が成長するたびに適切なサイズのものを着用しないといけないのです。

競技用インナーの選び方

競技用インナーで一番良いものを選びたいのなら高機能で身体にフィットするものを数枚購入することが最適ですが、高機能なものほど高価になってきます。

さらにジュニア用のものですと、成長期もあって着用する期間が短い場合もあるので、無駄になってしまうかもしれません。

そこで最適な選び方は、普通のインナーとしても着用できるものです。これならばスポーツ練習以外の時でも着用できるので、使い道が多いものとなっています。